設定方法について

ロボット型検索エンジン対策のひとつとして、欠かせないのがMETAタグ生成です。
メタタグはホームページ作成者が自由に生成できるので、訪問者の意図する内容ではない内容が記載されている事も多いことから、重要視しているロボット型検索エンジンは少なくなってきているようです。しかし、現在も参考にしているエンジンもあり、念のためにも、生成して、貼り付けておくことに損はありません。

メタタグとは、<HEAD>と</HEAD>の間に入れて
ロボット型検索エンジンに自動的に通知させます。

【お勧め無料メタタグ作成ツール】
あなたのホームページの情報を入力してMETAタグ生成ボタンをクリックしてください。
ロボット用のMETAタグを自動で簡単に作成することが出来ます。(ご利用は無料です。)
アクセス向上支援サイト! アクセスアップ アドオフィス
アドオフィスはアクセスアップとホームページ運営を支援するサイトです。無料広告 無料CGI、有料広告、SEO情報等など、ウェブマスター様の身になって考えたサービスをご提供させて頂きます。

■ホームページのタイトル:


■紹介文(160バイト以内):


■キーワード(合計の文字数が1000バイト以内):
*注キーワードの間を半角スペースで区切って入力してください。


●ロボット型検索エンジン対応●メタタグ(META TAG) 記載例です

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>ここにサイトのサイトル</TITLE>
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="ALL">
<META name="description" content="ホームページ紹介文">
<META name="keywords" content="キーワード1,キーワード2 ・・・・・">
</HEAD>
<BODY>

※注意、キーワードは半角カンマで区切ってください。(5個〜6個ぐらいが良いと思います)
 上記、赤字の所を追加してください。

いろいろなタグについて

ほかにも、あるメタタグをご参考までに記載しておきます。一番下のページエンターというメタタグを使っているページを見かけます。知らないと多少驚いてしまいます。

○作成者
<meta name="author" content="xxx">
<meta name="copyright" content="xxx">
xxxには作成者・著作権者を明記します。

<meta name="reply-to" content="zzz">
zzzには連絡先のメールアドレスを明記します。

<meta name="build" content="N">
Nにはページが作成された年月日を明記します。

○キャッシュの無効
<meta http-equiv="pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="cache-control" content="no-cache">
<meta http-equiv="expires" content="0">

○別のページへ移動
<meta http-equiv="refresh" content="N;url=xxx">
Nには指定ページへジャンプするまでの秒数を指定します。
xxxにはジャンプするページのURLを指定します。

○文字コードの指定
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=xxx">
xxxには次のキーワードのいずれかが入ります。

キーワード 文字コード
shift_jis シフトJIS
euc-jp EUC
iso-2022-jp JIS

○言語の指定
<meta http-equiv="content-language" content="xxx">
<meta name="content-language" content="xxx">
xxxには次のキーワードのいずれかが入ります。
キーワード 言語
ja 日本語
en-gb 英語(イギリス)
en-us 英語(アメリカ)
it イタリア語
de ドイツ語
fr フランス語
ko 韓国語

○ロボットの操作
<meta name="robots" content="xxx">
xxxには次のキーワードを指定します。
キーワード 検索の制限方法
all  METAタグがあるページとリンクされている全てのページを許可する
none  METAタグがあるページとリンクされている全てのページを許可しない
index METAタグがあるページ許可する
noindex METAタグがあるページ許可しない
follow METAタグがあるページからリンクされているページ許可する
nofollow METAタグがあるページからリンクされているページ許可しない

○ページエンター
<meta http-equiv="page-enter" content="RevealTrans(Duration=N,Transition=xxx)">
Nには効果の長さを指定します。
xxxには次のキーワードのいずれかが入ります。
キーワード 効果
0 Box in
1 Box out
2 Circle in
3 Circle out
4 Wipe up
5 Wipe down
6 Wipe right
7 Wipe left
8 Vertical blinds
9 Horizintal blinds
10 Checkerboard across
11 Checkborard down
12 Random dissolve
13 Split vertical in
14 Split vertical out
15 Split horizontal in
16 Split horizontal out
17 Strips left down
18 Strips left up
19 Strips right down
20 Strips right up
21 Random bars horizontal
22 Random bars vertiacal
23 Random

 ※タグは重要ですが、使い方を間違えないように!




スポンサード リンク