欲張らずほどほどに・・・・

前ページにて、紹介した内容と重複している部分もありますが、ここでいうキーワードが直接、サイトのテーマやページタイトルにかかわってきます。今現在トレンドとなっているキーワードや自らのサイトテーマによりかかわりがあって、尚且つ汎用性のある単語をターゲットとしてください。

選定をどうやって行うのか!?

タイトルや紹介文に含まれる語句もキーワードになりますので、なるべくなら、ダブらせないようにして考えてください。登録するサーチエンジンによって、半角カンマか半角スペースで区切って記入する場合の二通りがほとんどです。紹介文と同様に、これもメモ帳で前もって準備しておくといいでしょう。 検索エンジンに登録する事前準備というよりは、サイトを製作する前準備になりますが、ここで『ハッ』と気づいた方は、もう一度ページのキーワード設定について見直したほうが良いです。

キーワードも、あまり欲張らず、3つか4つが良いと思います。
これだけあれば貴方が伝えたいページの主旨は十分表現できるはずです。

では、実際に検索されるキーワードとしてどんなものが入力されているのか気になるところです。下記のページでキーワードランキングが公開されています。どんな情報を必要しているのかがよくわかります。流行(トレンド)っていうんでしょうか。


こちらもキーワード分析として、非常に参考になります。
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

あくまでも情報として参考にし、自分のサイトと無関係なキーワードの設定は、避けるべきです。ヒット率上昇の為だけの無意味な設定はむなしいです。。。。(ToT)




スポンサード リンク