ページの容量について

やはり、一番最初に見てもらう玄関ページ(index.html)に最も力が入ると思います。ごく当たり前のことなのかもしれませんが、繰り返し訪問してもらうためには、見やすくなければなりません。
 トップページやページ全体の構成について一般的に問われていることに多少主観を交えて紹介いたします。
トップページは画像も含めて、100KBぐらいにしましょうといわれています。
まぁ、インターネットの高速回線につれ、サイズも変わってくるかもしれませんが、せいぜい150KBまでかと思います。どうしても、いろいろ修正してうちにサイズが大きくなってしまうんですよね。

ページが開ききるまでガマンして待てるのは、
せいぜい10秒ぐらいだそうです。あなたも経験ありませんか?

※変に凝っていなくても、シンプルでそれなりに美しいページもたくさんあります。
当サイトも、決してシンプルとはいえませんが、全体の配置を工夫して、何度も細かい配置を変えてきました。容量には、十分に注意して作成しましょう。
 ところで、あなたは自分のトップページがどのぐらいの容量か、把握していますか?
ダウンロードTIMER - ウェブページのダウンロード時間測定ツール
ファイルのサイズとダウンロード時間を判定できるツールを提供してくださっています。下記のアドレス欄にトップページのアドレスを入れて測定ボタンを押してください。 少し待つと、サイズ等の詳細が表示されます。改めてトップページの大きくなりすぎたなぁと気がつかされるかもしれませんよ。。。。。
ダウンロード時間を測定したいウェブページのURLを入力してください。

HTMLソースやCSSを見直す

ホームページは、もちろん実際に目に見える部分も大切ですが、本当にアクセスアップを考えるのであれば、目に見えない部分のHTMLソースというものが非常に重要になってきます。
なぜなら、検索エンジンのロボットは、目に見えない部分を見ているのです。
簡単に作成できるHTMLエディターソフトを使ってページを作成しても、細かい部分の編集や、テーブルが複雑になってしまうとロボットにとって優しいページ(ソース)とは、決していえません。CSSを使用して、なるべく美しいソースにチェレンジしましょう。

※いずれも超がつくぐらいオススメのサイトです。是非参考にしてください。

文法をチェックしてみよう!

CSSとHTMLソースは、うまくメンテナンスできましたでしょうか?
苦労するかもしれませんが、何度何度も繰り返し修正することで、コツがつかめてくるかと思います。
さて、HTMLの文法チェックというのは、ご存知でしょうか?
Webの標準化団体で、HTML, XML, XHTML, CSS, PNGなどの規格をとりまとめている
World Wide Web Consortium - Web Standards |
W3C とは Web標準用語集 ミツエーリンクス
という国際的な団体がありますが、この規格に基づいて文法を細かくチェックしてくれるサイトがあります。100点満点には、かなり時間がかかるかもしれませんが、あきらめずにインデックスページだけでも満点を目指して頑張りましょう。

  • Another HTML-lint gateway
    日本語で表示されすぐにでも、修正できます。
    100点満点の時にできる『たいへんよくできました』
    のハンコ画像が、あぁ感動!

    たいへんよくできました!
  • W3C CSS 検証サービス
    CSSの検証が日本語で確認でき、こちらもすぐに修正ができます。
    検証したい文書(CSSと組み合わせたHTML文書、もしくはCSS単体の文書)のURLを入力してください
    Valid HTML 4.01 Transitional Valid CSS!

※トップページの課題は、サイト運営にとって半永久的に継続しますが、文法をクリアし、ひとつひとつ課題を解決していくと安堵感とともに、不思議と新しくまた違った何かが、見えてくるものがあるような気がしてならないのは、私だけでしょうか。



スポンサード リンク